HOME > 関士会について

関士会とは

「関士会」は、関西大学出身の士業の集まりです。
 現在、弁護士、公認会計士、税理士、司法書士、社会保険労務士、不動産鑑定士の6士業で、3か月に1回のペースで勉強会を開催しています。一応若手中心の勉強会としていますが、ここでいう若手とは「気持ちの若さ」をいいます。
 関士会は、各士業の世話人により運営され、その主たる活動である勉強会は、毎会各士業が持ち回りでテーマを決めています。
 それぞれの専門知識を活かし、他士業にも役に立つテーマを中心に開催されており、講師は原則関士会のメンバーが行うことにしていますが、内容によっては外部講師にも依頼しています。
 関士会は、各人の学習の場としてだけでなく、関西大学を共通点とした、ネットワーク作りに役立っています。特に勉強会終了後の懇親会で築かれる人脈は、私達の仕事において大きく役立つことと思います。
 関士会へは、社会保険労務士関大会の会員であれば、どなたでも参加可能です。奮ってご参加ください!
      

                          (関士会 世話人:井澤・寺田・藤本) 

▲ページトップに戻る